風邪の症状

Save a life

風邪の症状

風邪という病気は実際にはない、と聞くことがあります。
風邪の症状にはいくつもの症状があっても病名としての「風邪」はなく、「風邪っぽい、いくつかの症状」を指して総称的に風邪と呼ばれているということです。

風邪は、主にウィルスによってかかる呼吸器系急性炎症のことであるとのことです。
どのような症状を風邪と呼ぶかといえば、発熱、鼻やのどの炎症、頭痛や関節の痛みを指します。
こういった傷病が出ると普通感冒かインフルエンザかに区別されることになります。
普通感冒が通常の風邪と捉えることができます。

この症状は鼻炎症状が強く出ることが多く、鼻やのどが痛くなる程度の軽い症状といえます。
病原のウィルスとしては、テイノウィルス、アデノウィルス、RSウィルス、コロナウィルスなどのウィルスによるものです。

軽度の症状とはいえ、「風邪は万病の元」とも言われます。
これは風邪だと思っていても、他の病気の前駆症状であることもあり、などれない病気であることは確かなようです。

Valuable information